« 竹工芸の継承・革新(シンポジウム、私の意見3) | トップページ | 祝40万アクセス!! »

大分銘菓

先月1ヶ月の記事は大分特集でした。それなのに、書き忘れていることがありましたので書いておきます。

帰りに、大分駅の改札横にあるお土産物屋で「かるかん」を買いました。レジでお金を払いながら、「かるかん」って大分のお菓子じゃなかったんじゃないかと頭をよぎりました。店員さんにたずねると、この「かるかん」のメーカーは大分では有名な和菓子屋だと教えてくださいました。

Zabon 「かるかん」は、おいしい。でも、やはり、「大分」とわかるお土産が欲しい。うろうろしていると見つけました。大分といえば「ざぼん漬」。
しかも、姉妹品に「かぼす漬」もありました。

前回、大分に来たときに食べて、子供の頃は嫌いだった「ざぼん漬」が、こんなに美味しかったのかと驚いたことをすっかり忘れていました。妻も大好きだったのです。
小袋のざぼん漬も沢山買いました。
ブログ用の写真を撮る前に袋を開けてしまいました。

|

« 竹工芸の継承・革新(シンポジウム、私の意見3) | トップページ | 祝40万アクセス!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/55823697

この記事へのトラックバック一覧です: 大分銘菓:

« 竹工芸の継承・革新(シンポジウム、私の意見3) | トップページ | 祝40万アクセス!! »