« 四ツ目編み花籠「初花」 | トップページ | 東京出張 »

竹工芸の継承・革新(その他)

この展覧会について、しつこい位に記事を書きました。これが最後です。
工芸展を見た人達の感想などを書かれていたり、レポートするサイトをピックアップしました。

 中に竹専門の学芸員さんが退職で、最後の竹の展覧会かもということを書かれている記事がありました。大分で専門の方がおられなくなるということはどうしてなのでしょうか。
 やはり竹の展覧会は人がはいらないということなのでしょうか。もしそうだとしたら、日本人は自国の文化に冷たい民族だということ。だから、日本が美術工芸にまで仕上げた竹工芸を低い物として見ているのかも知れません。日本の美術館の展覧会を冷静に見てみると、必ず「目玉」となるビックネームの作品が一つあります。賑わっている展覧会でもその「目玉」目当てという場合が多いと思います。もし、そんな展覧会から「目玉」を除いても同じ集客力があるかというと疑問符がつくのではないでしょうか。美術品としての竹工芸は、歴史も浅いため「目玉」となる物のインパクトが弱いのでしょうか。今回の作品展は目玉だらけだと私には思えたのですが、竹工芸をしない方々には、どうだったのでしょうか。探したサイトの多くは竹関係の方のものとなってしまいました。


|

« 四ツ目編み花籠「初花」 | トップページ | 東京出張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/55984839

この記事へのトラックバック一覧です: 竹工芸の継承・革新(その他):

« 四ツ目編み花籠「初花」 | トップページ | 東京出張 »