« 籐こなし・・・失敗。 | トップページ | 編み初めの籠4 »

編み初めの籠3

Kago20130126 編み初めの籠の続きです。

前回は六つ目の籠を編み上げたところまででした。その、六ッ目の部分に、ヒゴをさして、差し六つ目にしました。編み目に違った模様が浮かびあっがります。また、ヒゴが重なることにより、強度が増し、籠自体もしっかりとしたものになりました。

六ッ目に斜めに入れました。あと縦にも入れようかなと思いましたが、ひし形の模様がならんで綺麗なので、縦に入れるのはやめることにしました。ただ、アクセントとしてヒゴを斜めに2本抜いてみました。でも、アクセントというよりは、編み忘れだと思われたら嫌だなと思っています。

内縁を身竹で作っていましたが、皮竹で作り直しました。縁輪も作り、後は籐かがりと手をつけて完成です。どのようにかがるかを考えているうちに籐を何本か廃棄してしまいました。数少ない手持ち籐なのでもったいないことをしました。

明日には縁巻きまでは完成させいたいなと思っています。


過去の関連記事

|

« 籐こなし・・・失敗。 | トップページ | 編み初めの籠4 »

コメント

初めまして。昨日同じブログのサークルに参加させていただきましたティニーと申します。よろしくお願いします。
竹細工すごいですね。私は人形の収集をしていますが、それぞれの職人さんはすごいと思います。私のような不器用な人間からすると雲の上の方々です。本当にうらやましいです。骨董市で見る竹細工作品にいつも見とれています。特に妻が好きで時々買ってくることがあります。繊細で美しいものはいいですね。ブログ楽しみにしています。
これからもよろしくお願いします。

投稿: ティニー | 2013/01/27 04:46

ティニーさん。コメントありがとうございます。
私も、職人さんはすごいと思います。私は趣味の人ですので本当はすごくありません。
竹籠は習わないと作れないと悟った時に作った物は次の記事に掲載しています。
http://kounsai.cocolog-nifty.com/bamboo_baskets/2006/04/__83dd.html
ひどい物です。
だから、人の器用不器用は自分の心の中で作り上げるものだと思いました。達人にはなれないけれど、ある程度までは、訓練と心がけで達するものだと思っています。

投稿: 幸雲 | 2013/01/27 08:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/56634339

この記事へのトラックバック一覧です: 編み初めの籠3:

« 籐こなし・・・失敗。 | トップページ | 編み初めの籠4 »