« 編み初めの籠3 | トップページ | 大分県立芸術会館所蔵「竹工芸の魅力」展 »

編み初めの籠4

Kago20130127_1 編み初めの籠の続きです。

ようやく縁を籐でかがりました。凝ったかがり方をしようかと考えて、試してみました。しかし、手持ちの籐が分厚く、せんをかけようとしたのですが、上手くできなかったので、一般的な巻き方に変更しました。

Kago20130127_2 縄目を入れてみましたが、縁竹にかけた籐の間隔が長いのであまり綺麗に見えないですね。

それから、籐の面取りをするのを忘れていました。半分くらいまで巻いて気がつきました。しかたないのであきらめました。

縁をつけると、がっしりとします。もうほとんど完成というところです。
ここまでは、細かい失敗や反省点はいくつかありますが、おおむねよく出来ました。底のがたつきも無く据わりよいですし、縁もきっちりと巻き上げることができました。後は、どのような手をつけるかです。


過去の関連記事

|

« 編み初めの籠3 | トップページ | 大分県立芸術会館所蔵「竹工芸の魅力」展 »

コメント

(^・^)こんばんは
もう少しで、出来上がりですねshine
出来上がりになる時は、楽しみなものでしょうねnotes
私も、どのようになるのか、拝見出来れば嬉しいです(^v^)

投稿: tutatyan | 2013/01/28 19:39

こんばんは。tutatyanさん。コメントありがとうございます。
どうなることかと思いましたが、縁が綺麗にできあがりました。ただ、よく見ると編み目にひずみがあって未熟さが目立ちます。慌てた部分が響いてきています。

ただ、今回は丁寧に作ることに徹しました。へたくそながらきちんとできあがってきました。大抵、底にゆがみができて、据わりが悪いのですが、今回のは安定しています。

あと、少しで完成です。いい感じに仕上がればいいなと思っています。

投稿: 幸雲 | 2013/01/28 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/56640647

この記事へのトラックバック一覧です: 編み初めの籠4:

« 編み初めの籠3 | トップページ | 大分県立芸術会館所蔵「竹工芸の魅力」展 »