« 竹籠と南天 | トップページ | 編み初めの籠 »

竹柄のふろしき

Furosiki_1  私は、風呂敷を愛用しています。最近は、斬新な柄の風呂敷があり、ついつい欲しくなります。先日、風呂敷屋の前を通りかかると、目を引く風呂敷がありました。白地に黒い竹の柄です。これは、欲しいと思いすぐに買いました。

 実は、竹柄の風呂敷は、すでに持っています。真っ黒の風呂敷で、よく見ると竹の柄があるものです。この風呂敷を買った時にあった色違いのものだったかなと思い帰ってから見比べてみました。

Furosiki_2  すると、基本のデザインは同じですが、竹の並びが違います。以前に買ったものは、まっすぐの竹が並んでいるだけですが今回買ったものは、まっすぐな竹や斜めになった竹が交差するように描かれています。今回のデザインの方が、動きがあり竹林の雰囲気がよくでています。どうやら、進化したデザインのようです。

 また、この店の風呂敷の特徴は、正方形であるということです。通常、風呂敷は正方形ではなく、心持ち長方形なのです。これは、この店では風呂敷の使い方としてバッグを提案しているからだと思います。店頭での風呂敷のディスプレイもバックの形に結んでいます。購入時、レジで「バックの形にしましょうか?」と尋ねられました。また、商品に添付したしおりも、「風呂敷バッグの作り方」とあります。基本的にバッグとしての使い方を提案しているため、形が綺麗に決まる正方形にしてあるのだろうと私は推測しています。

 斬新で素敵なデザインの風呂敷がたくさん並んでいました。もっと多くの人が使うようになったらいいのになと思っています。

|

« 竹籠と南天 | トップページ | 編み初めの籠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/56477837

この記事へのトラックバック一覧です: 竹柄のふろしき:

« 竹籠と南天 | トップページ | 編み初めの籠 »