« 編み初めの籠4 | トップページ | 編み初めの籠。完成 »

大分県立芸術会館所蔵「竹工芸の魅力」展

竹工芸の展覧会が大阪で開催されます。なかなかこういう企画が少ないのでうれしいです。
初代早川尚古齋、初代田邊竹雲齋、飯塚琅かん齋、生野祥雲齋という、竹工芸を美術品までに昇華させた竹工芸家の作品が展示されます。

この展覧会は、竹工芸品のコレクションでは屈指の大分県立芸術会館所蔵の作品を中心に開催さるとのこと。秋に大分での展覧会で展示されていた籠もやってくるようです。

これまで、竹籠というとザルなどの籠をイメージされておられる方は、是非一度ご覧ください。竹工芸の奥深さにきっと驚かれることと思います。お近くの方はぜひ。

これを機会に、竹工芸のファンが一人でも増えたらいいなと思っています。


大分県立芸術会館所蔵「竹工芸の魅力」展

会期:平成25年 2月 2日(土曜日)~ 3月 3日(日曜日)
   午前10時~午後5時
   ・毎週月曜日は休館日。但し、2月11日(月)は開館し、12日(火)休館。
   ・入場は閉館30分前まで
会場:東大阪市民美術センター
   東大阪市吉田6丁目7番22号 
   電話:072 (964) 1313 FAX:072 (964) 1596
   美術センターへのアクセス
   
入場料: 一般(高校生以上) 500円
   (中学生・65才以上・障害者手帳など持参の方は無料)

主催 :東大阪市民美術センター
協力 :大分県立芸術会館

パンフ


イベント
【ギャラリートーク】
  日時:平成25年 2月 2日(土) 午前11時 / 午後1時30分(30分程度)
  講師:友永 尚子 氏(大分県立芸術会館 学芸課長)
【竹工芸の実演】
  日時:会期中の土・日・祝日 10時~17時(12時から13時は休憩)
 実演者:「大分県竹工芸・訓練支援センター」「別府竹製品協同組合」からの派遣の予定

|

« 編み初めの籠4 | トップページ | 編み初めの籠。完成 »

コメント

東大阪ですか。
近くに住んでいたら、ぜひ行ってみたいけど……。
実演があるのもいいですね。
手作りに限らず、モノ作りの現場って、なかなか見られないですからね。

投稿: 匿名希望(「Q」はまだ視てない) | 2013/02/01 20:38

匿名希望さん。コメントありがとうございます。
お住まいは遠いのでしょうか。
竹工芸単独の展覧会は本当に貴重です。あまり開催されません。特に今回のはおすすめです。(どれだけの出品数があるかわかりませんが・・・)

関心をお持ちなら、是非ご覧ください。

投稿: 幸雲 | 2013/02/01 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/56670055

この記事へのトラックバック一覧です: 大分県立芸術会館所蔵「竹工芸の魅力」展:

» 「竹工芸の魅力」展のレポート [Bamboo Baskets]
 東大阪市民美術センター(花園ラグビー場の前)で開催されている大分県立芸術会館所 [続きを読む]

受信: 2013/02/09 23:44

« 編み初めの籠4 | トップページ | 編み初めの籠。完成 »