« シャクヤクの花 | トップページ | ワイルドストロベリー »

ドクダミ

庭にドクダミがたくさん生えます。Tya2013_1葉は臭いですが、十薬とも呼ばれ昔から煎じて薬として飲まれていました。いわゆるドクダミ茶です。

 子供の頃、ドクダミを吊って干してあり、曾祖母がそれを煎じて飲んでいたのを覚えています。20年ほど前、私もやってみようと思い立ち、大量に干して切り刻みドクダミ茶にして飲んだこともあります。でも続きませんでした。結構めんどくさいのです。花が咲くのが丁度梅雨の直前で、上手く乾燥できず、カビさせてしまうのです。

(以下5月25日記す)

草引きをしようと思い、庭に出るとドクダミには花のつぼみが膨らみ、間もなく咲こうかという状態でした。

ドクダミに一番薬効がある時期は、花が咲く直前だということを本で読んだことがあります。それは、ちょうど今の状態です。私は久しぶりにドクダミを飲んでみようと思いました。

Tya2013__2 庭に生えていると臭い雑草という感じですが、切りそろえて洗うと、どこか野菜みたいです。においは強烈なのですが・・・。これを干して乾燥させます。

うまく乾燥できるといいけれど・・・。

(以下6月23日記す)

ドクダミは上手く乾燥できて、茶筒いっぱいのドクダミ茶が完成しました。乾燥させるとあの強烈な匂いはなくなります。お茶には少し癖があり、薬っぽいのですが慣れると案外飲めるのです。

これは、日本のハーブティと言えないこともないですね。

(以下2014.11.2追記)

どくだみ茶についての記事を掲載されているブログがありましたので、紹介しておきます。

どくだみ茶の作り方(畑の毎日)
http://kusaki.way-nifty.com/mainiti/2013/05/post-0357.html

 


関連記事
ドクダミの花 

|

« シャクヤクの花 | トップページ | ワイルドストロベリー »

コメント

(^^)おはようございます
ドクダミ茶は飲んだことは無いのですが、ドクダミには子供の頃から馴染みがありますjapanesetea
結構、どこにでも見られましたね
学校の掃除で、草抜きの時には大変な思いをしましたsweat01
根っこがしっかりしてて、なかなか抜くに抜けなくて、ブチッと茎や葉がちぎれてその日一日ドクダミに囲まれた様な気分になってました
薬草だからでしょうか、匂いには閉口してましたがそれでも落ち込むような不快感はありませんでした
懐かしく思い出させて頂きました o(_ _)oペコッ
ハーブを使ったあれこれが流行る前から、日本には薬草の文化があるんですねbud
というより、その国ごとに自然の中からいろんな恵みを頂いているようですねwink

投稿: tutatyan | 2013/06/24 07:03

tutatyanさん。コメントありがとうございます。まさにおっしゃるとおり。ドクダミの草ひきはそんな感じですね。庭にはドクダミを残して草引きをするので、沢山生えています。匂いはさておき、白い花が(実は先端の小さいのが本当の花)綺麗です。

まさに、ハーブティとは草花からの薬効を得るものですよね。風邪気味だったらカモミールを飲むとかね。その国毎、土地毎に受け継がれているものなのだと思います。

投稿: 幸雲 | 2013/06/24 23:14

うさぎさん屋敷の(リアル)庭は
ゲンノショウコがすっかり枯れると
ドクダミの花の季節がやってきましたが、
それももう終わりです。
今、ミントの花が盛んに咲いています。

確かにドクダミの草引きは
根っこはやっかいですね。
スギナも負けず劣らずですが。
でも、もっとやっかいなのは笹かな。

投稿: うさぎさん | 2013/06/25 22:28

うさぎさん。コメントありがとうございます。
ドクダミ花はとうに終わりました。記事にする時間がなかなかとれなくて、遅れ気味です。

ミントもドクダミに負けず劣らず、しつこい根なので、地面には植えず、発泡スチロールの箱に植えていました。そしたら、水抜きに開けておいた穴から、ドクダミが侵入して、勢いがあったミントを押さえる勢いです。恐るべしドクダミです。

投稿: 幸雲 | 2013/06/25 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/57652561

この記事へのトラックバック一覧です: ドクダミ:

« シャクヤクの花 | トップページ | ワイルドストロベリー »