« 四ツ目編みの籠~指導を受ける | トップページ | 床の間の花、油絵の花 »

祇園祭2013(月鉾~鯉山)

Gion20130715_1 京都では祇園祭で梅雨が明けるといいますが、今年は早々に明けてしまい酷暑の夏が先にやってきてしまいました。でも、ここ数日、夕立のような雨が一時的に降ることが多く、熱を洗い流してくれてほっとしています。

そんな雨が少し心配でしたが祇園祭に行ってきました。今年は妻の知り合いの息子さんが月鉾で囃子方をされていると言うことで、月鉾に招待されました。月鉾に行くと丁度、演奏が始まっていました。お囃子がはじまる前の鉾には乗ったことがあるのですが、演奏されている鉾に乗るのは初めてでした。間近で聞く祇園囃子の鐘の音は、とても迫力がありました。

Gion20130715_2 Gion20130715_3 その後、鉾町界隈の飲食店前の臨時の出店や露天を冷やかしつつ散策しました。散策と言うよりは人混みに流されたというのが正しい表現でしょうか。そして、最後はいつものように鯉山にお参りして、隣の風呂敷屋で良い物が無いか物色しました。

「鉾町の祇園囃子は人々の 思い出のせてリズムを刻む」 幸雲


過去の関連記事

|

« 四ツ目編みの籠~指導を受ける | トップページ | 床の間の花、油絵の花 »

コメント

(^^)おはようございます
我が家は山鉾町からちょっと離れたところにあるので、お囃子の風景などは見聞きできませんが、それでもこのお囃子の音が町中に流れ始めると、リアルな暑さと相まって、ほんと夏が来たんだなと実感しますsun
今年は梅雨明け宣言が7月入って早々に出されましたが、町中の人達はたぶん、実際の梅雨明けはまだなんだろうと思ってたようですねsprinkle

月鉾は私の母の一番好きな鉾で、毎年ちまきを頂いてきます
母が聞いたら羨ましがるだろうな(^_-)-☆shine

今日のお歌、心にすんなり入ってきますconfident
祇園祭は、五感で感じる祭だと思っています
それぞれの感性が響きあって、その人なりの思い出を作ってくれますねnotes
7月末までの長い期間、お祭りが無事に終えられますように...(^^)v

投稿: tutatyan | 2013/07/16 06:50

京都府民(南部)です。
どちらで竹細工を習っていらっしゃるのでしょう。
「竹細工、京都、教室」で検索しても、なかなか、周一程度の定期的な竹細工教室が見つかりません。
よろしくお願いいたします。

小学校は、木屋町四条を卒業しました。
17日は、登校したら、30分で下校でした。
とっても懐かしいです。

投稿: 夢子 | 2013/07/16 21:10

幸雲さま

大変ありがとうございました。
いつかどこかでお目にかかれます折を楽しみに。。。

投稿: 夢子 | 2013/07/17 07:06

tuatyanさん。コメントありがとうございます。
お母様が月鉾ファンなんですか。でも、ちまき家っておられるなら鉾に登らせてくれるので毎年登られているかもしれませんね。
私は鯉山ファンです。

私は若い頃、職場の人達と鉾引きボランティアとして参加し、いろんな山鉾をひかせてもらいました。神事ですので、ちゃんと八坂神社でお祓いをしてもらっての参加です。

巡行に参加して、鉾町の人に巡行は前の祭と後の祭りがあると初めて知りました。引く順番が早いのに後ろの方だったのでなんでかなと思っていたのです。観光資源としてまた交通事情から市長の働きかけで1日で行うようになったと知りました。後の祭りはコースも違うとのことでした。

今年になって、別の巡行を検討するという話が出てきていますね。大船鉾の復活に合わせて行う方向らしいですね。大船鉾の鉾町でどんな展示をされているのか見に行けば良かったなぁと思っています。

うたは最初もっとひねった物でしたが手を入れているうちになんかあっさりとした物になりました。連綿と続く祇園囃子。その時代毎に多くの人が思い出をこの祇園囃子と共に思い出すことだろうな・・・なんて思いつつ詠みました。説明するのも野暮ですね。

投稿: 幸雲 | 2013/07/18 01:25

夢子さん。コメントありがとうございます。
メールで教室情報送りました。楽しく籠を作りましょう。どこかの展覧会場でお会いするかも知れませんね。また作品についてのコメントでもいただけたら嬉しく思います。

投稿: 幸雲 | 2013/07/18 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/57799670

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭2013(月鉾~鯉山):

« 四ツ目編みの籠~指導を受ける | トップページ | 床の間の花、油絵の花 »