« 実演見学 | トップページ | 網代編みの花籠、編みほぼ完了 »

網代編みの花籠

Kago20130824_1  四ツ目編みの花籠が、まだ完成していないのにまた別の籠を編んでしまいました。こんなことをしているので作品の数が増えないのです。
今回の籠は「網代編みの花籠です。とはいうものの、網代編みだけでは無くて、三本ずつの麻の葉編みの底から、四ツ目で立ち上げ、網代編みになって、また四ツ目に編んでいくという盛りだくさんの籠です。

Kago20130824_2 とはいうものの、これまで作っている四ツ目編みの花籠と基本的に同じなのです。目を合わせないと形が崩れるし、きちんと立ち上げて形を整えないと座りの悪い籠になります。でも、やはり、どこかで目がそろっていなくて、上部でひずみができてしまいました。今その修正で手こずっています。(実は四ツ目編みの花籠でも同じです。)なかなか上達はしません。

今回の籠では、もっと大きなものにしようと思っていたのですが、ヒゴを作るところで焦ってしまい、薄いものがたくさんできてしまったので、サイズを大きくすることは断念しました。
しかし、編み始めると、少し厚みがありすぎて言うことを聞かせるのが大変です。上手く出来るか心配です。また少し薄い部分がある竹が紛れ込んでしまっていてちょっと残念。でも何とか完成させたいと思います。


過去の関連記事

|

« 実演見学 | トップページ | 網代編みの花籠、編みほぼ完了 »

コメント

(^^)おはようございます
編み込み途中の竹ひごの形態が綺麗だと、記事とは違うところでの感想を申し訳ありません(^^ゞsweat01
こちらのblogを拝見するようになって、籠ひとつにも色々な要素があるのだと知りましたnotes
編み方によっても出来上がりの感じが違うのでしょうね
また、竹の作品を見るときにはそんなところも楽しみたいと思いますjapanesetea

投稿: tutatyan | 2013/08/28 06:31

tutatyanさん。コメントありがとうございます。

竹ヒゴの流れ、確かに綺麗です。ここの部分を綺麗にさばいて置かないと、編むのがやりにくくなるのです。だから、編んだら、ヒゴを揃えるという作業を繰り返していきます。
竹籠に関心を持っていただけたらうれしいです。作品を色々みて目を肥やしていただければなおのことうれしいです。

投稿: 幸雲 | 2013/09/01 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/58078286

この記事へのトラックバック一覧です: 網代編みの花籠:

« 実演見学 | トップページ | 網代編みの花籠、編みほぼ完了 »