« 七草粥ではなくて・・・ | トップページ | 「月刊大和路ならら」定期購読 »

薬師寺参拝

Tera20140104_1 4日に奈良の薬師寺に初詣に行ってきました。もちろん、新年があけてすぐ、近くの氏神さんに初詣をすませています。せっかくの休みですから観光をかねて出かけました。

新春の神社は、4日になっても結構混んでいたりしますが、お寺はすいていることが多いようです。
3年ほど前には、京都で神社があまりにもたくさんの人がいたので、近くのお寺に行ってみたら閑散としてゆっくりと参拝したという経験があります。また、昨年の正月には興福寺に行きましたが、人は少なかったです。(参考:京都に初詣奈良での休日 )

果たして、新春の薬師寺も人も少なくゆっくりと参拝できました。奈良の寺は京都のお寺と違ってどことなく寂れた感じがあります。また周囲に田園が残っていたりして、いにしえの姿を想像できます。そんな雰囲気が魅力的です。

さて、薬師寺ですが、そんな奈良のお寺の中でも、東塔と西塔の二つの塔を持つのが魅力です。若草山の山焼きの時に薬師寺の塔を手前に配しての写真が多くの新聞に掲載されるといえば、ご存じの方も多いのではないかと思います。

薬師寺公式サイト 

しかし、この寺は火災にあって、多くが消失してしまいました。現在の西塔と本堂は昭和に復興されたものということですが、東塔は天平時代からのものとのことです。しかし、残念ながら今は解体修理中で見ることはできません。

境内に入ると、講話が始まるとの呼びかけがありました。薬師寺では定期的に講話をされているようでした。せっかくなので、聞くことにしました。

仏教の事をおもしろおかしく分かりやすく話してくださいました。

四苦八苦の話。大乗仏教と小乗仏教の違い。お寺では神社とは違い参拝の時にお願いだけではいけないという話。大変心にしみました。詳しくは改めて記事にしたいと思っています。

Tera20140104_2 現在も再建のための寄進を集めていると言うことでした。昨年に続き、瓦などの寄進がないかと思いました残念ながらありませんでした。
しかし、薬師寺では写経の巻物を販売していました。心を静め写経したものを薬師寺に納めると、本堂裏において永代供養をしていただけるということでした。ここは一口だけ寄進しようと写経の巻物を購入しました。心を込めて写経したいと思います。

おみくじも引きました。吉でした。いい年になるといいなぁ。いえ、いい年になるように心がけます。

|

« 七草粥ではなくて・・・ | トップページ | 「月刊大和路ならら」定期購読 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/58920703

この記事へのトラックバック一覧です: 薬師寺参拝:

« 七草粥ではなくて・・・ | トップページ | 「月刊大和路ならら」定期購読 »