« 「月刊大和路ならら」定期購読 | トップページ | 「政争の具」に使われる靖国参拝 »

編み初めの籠

Kago20140110 正月に割った竹を編み始めました。この前編んだ「雫」と同じ籠を再度丁寧に編むことにしました。

前回は立ち上げに、コテを使いましたが、ふわっとした感じに立ち上げたいので、コテを当てずに立ち上げてみました。

でも、やはり、丁寧に作ったつもりでも、編んでいくとヒゴの厚みにばらつきがあることが気に掛かります。これで完成度がグンと下がってしまいます。残念です。

写真の状態から目のサイズなどを合わせて形を整えつつ編み上げていきます。
写真は1月10日現在の写真です。今はもう少し進んでいます。
最終的に上手くまとまるといいのですが・・・。


過去の関連記事

|

« 「月刊大和路ならら」定期購読 | トップページ | 「政争の具」に使われる靖国参拝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/58946985

この記事へのトラックバック一覧です: 編み初めの籠:

« 「月刊大和路ならら」定期購読 | トップページ | 「政争の具」に使われる靖国参拝 »