« 謹賀新年2014 | トップページ | ひご作り(割り初め) »

年賀郵便に思う

年賀状の話題を一つ。
インターネット、携帯電話の普及により、郵便による年賀状の数が減っているということが話題に上ります。

では、郵便による年賀の挨拶はいつ頃から始まったのかと言うことを、半七捕物帳の作者である岡本綺堂の随筆「年賀郵便」から見てみたいと思います。

「年賀郵便」(青空文庫)

郵便制度ができたのは明治。しかし、明治の中頃までは年賀郵便で新年の挨拶をするのはあるまじき事と考えられていたといいます。郵便での挨拶は地方のどうしても行けない親類のみでした。ですから、新年の町は10日を過ぎるまで挨拶に回る人達でとても賑やかだったといいます。

それが郵便による年賀状がはやりだしたのは、日清戦争だといいます。明治28年の正月は戦時という遠慮から回礼を年賀ハガキに換える者があり、それが例になり、さらに明治33年10月から私製絵ハガキが許可されるようになり年賀郵便の流行したといいます。さらに明治37、8年の日露戦争以降激増し郵便局が整理に忙殺されるようになり、明治39年の年末から年賀郵便特別扱いが始まったと言います。

その後、年賀郵便は年々増加する一方、回礼者は年々減少し、明治末年頃までは回礼者の姿を見かけたが、大正以降はめっきり廃れてしまったとのことです。
そのため、回礼やその接客のため忙しいので、芝居の劇場は七草以降に開場するのが明治の習いであったが、近年(昭和の初期)では、元旦に開場され、各劇場が満員であるということを伝えています。岡本綺堂は「忙がしい世の人に多大の便利をあたえるのは、年賀郵便である。それと同時に、人生に一種の寂寥を感ぜしむるのも、年賀郵便であろう。」と随筆をまとめています。便利な年賀郵便ではあるが、寂しいと言っているのです。

現在の年賀郵便の状況を考えると、時代を感じます。年賀郵便の代わりに現れた年賀メール。回礼の代わりとして登場した年賀状ですが、現在ではその年賀状に換えてメールを利用する人が増えているといいます。

印刷の年賀状が味気ないや手抜きや色々と言われていたことがありますが、メールの登場でそれすらも言われなくなっているように思います。同じ道を経て年賀状も消えていくのでしょうか。

しかし、私は年末に疎遠になった人にも近況を交換するのは良い習慣ではないかと思います。たとえ、年賀状だけの繋がりとなったとしても・・・。

私は、手書きの一言は必ず書くようにしています。それは、年末の忙しい時期に、相手の事を思いつつ、その人のために時間を割く。これは相手に対するこちらの思いやりというか相手への敬意でもあると思うのです。受け取った人は年賀状を手にした時、自分のために時間を割いてくれたことを嬉しく思うのです。これは私が受け取った時に感じることでもあります。これは、メールで受け取る時には感じない気持ちです。

岡本綺堂は文の最後に「人生に一種の寂寥」を感じると言います。相手のために時間をかけるのは、回礼よりも年賀状が手軽だからだと思います。それは相手への気持ちの軽薄化と感じることからだと私は思います。手書きの年賀状から印刷の年賀状さらにはメールへと軽便な方法、相手のために時間を割かない方法へと変わってくると、そこにこめられた思いも軽薄なものになってきているように思います。

さらに、なんでも、軽便化されたため元日から店が通常通りに営業されている現代です。時代といってしまえばそうかもしれませんが、綺堂がいうところの「寂寥」がリアリティをもって私には感じられます。

|

« 謹賀新年2014 | トップページ | ひご作り(割り初め) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/58878749

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀郵便に思う:

« 謹賀新年2014 | トップページ | ひご作り(割り初め) »