« 他者を動かして自己が利益を得ること。 | トップページ | 鹿だ! »

編み初めの籠の出品断念

Kago20140211 編み初めとして作り始めた籠は、胴を編んでいる途中です。また少しペースダウンしてしまいました。というのも2月の展覧会出品を目指していましたが、間に合わないそうもないので出品を断念しました。

本当は、前から作っている四ツ目編みの花籠が完成したらそちらをと思っていたのですが、それも間に合いそうもないので、これを作り始めました。

でも、そんな急ごしらえで、いいものが作れないれないでしょうが、展覧会出品という目標をもって作品を作るというは、それなりにいい刺激にもなりますし、無意識に丁寧に作ろうとします。これまでのように漫然と作っているよりは、気づくことや、身につくものも多いと感じています。前回の記事の写真と比較するとあんまり進んでいないように見えますが、編み直したり、目の高さを合わせたり、形を整えたりと結構手間をかけています。
栃木の展覧会に出品したものと同じタイプの籠を再度作ってみたのですが、時間切れで断念しました。

こつこつと完成させて、またの機会にどこかの展覧会に出品できたらいいなと思っています。でも、しばらくしてみたら、きっと粗ばかりが目に付くようになって没にするかもしれません。上達するというのはそういうことなのだと思います。


過去の関連記事

|

« 他者を動かして自己が利益を得ること。 | トップページ | 鹿だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/59116333

この記事へのトラックバック一覧です: 編み初めの籠の出品断念:

« 他者を動かして自己が利益を得ること。 | トップページ | 鹿だ! »