« 春の別府旅行1 | トップページ | 春の別府旅行3(だんご汁 ) »

春の別府旅行2(特急ソニック)

Beppu20140329_1 今回の旅行は往復鉄道を利用しました。小倉までは新幹線、小倉からはJR九州の特急ソニックです。
ソニックには白いソニック青いソニックがあります。残念ながら往復とも青でした。

JR九州の特急車両は(といっても、ソニックだけしか知りませんが)、ボディが錆びているのもあったりしますが、車内のデザインはとてもユニークでシックです。

Beppu20140329_2 妻の言葉を借りると「フランス風」。ドアから客室へつながる部分も緩やかにカーブがあり、車両によっては展示スペースなどもあります。帰りにのった車両には別府の伝統産業である竹籠が展示されていました。 客室の床は木です。通路中央には、sonic JRkyusyuなんとかかんとかという文字が渦を巻くように四角くデザインされたものが一定間隔で刻印されています。

Beppu20120915_1除けをおろすとソニックのロゴが書かれています。また、座席の上にある棚は飛行機のようにドア付きです。今回は写真を撮っていませんので、一昨年撮影した白いソニック内部を掲載しておきます。

Beppu20120915_3 座席も一部が皮製です。 妻は、ソニックはディズニーっぽいと言っていました。何のことを言っているのかと思ったら、ソニックの車体にかかれたロゴに添えられたマークや座席のヘッドレストがミッキーマウスによく似ているというのです。(マークはヘッドレストの形かな?)。なるほど、確かに見ようによってはミッキーマウスにも見えます。私にもディズニーチックに見えてきました。

JR西日本の特急にこんなに凝ったものが思い当たりません。さすが、ななつぼしを作るJR九州です。ひと味違うなと思いました。Beppu20140328_2 前回のった白い方はもっといい感じでした。全席が本皮使用で乗車口付近に墨絵風ディスプレイがあります。今回白いソニックに乗れなかったのが少し心残りです。

妻はソニックに初めて乗りました。この特急がよほど気に入ったのか、妻は今回の旅行でよかったのは、この特急をあげるほどでした。


過去の関連記事

大分、竹を巡る旅(大分へ)

|

« 春の別府旅行1 | トップページ | 春の別府旅行3(だんご汁 ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/59465246

この記事へのトラックバック一覧です: 春の別府旅行2(特急ソニック):

« 春の別府旅行1 | トップページ | 春の別府旅行3(だんご汁 ) »