« 山の古道をいく | トップページ | 憲法の米国押し付け論と解釈変更の強行に思う »

テングス病か?

Take20140607__1 このところの、山歩きで一つ発見したことがあります。

Take20140607__2 ある場所でおかしな竹を見かけたのです。竹の枝にぼんぼりがたくさんぶら下がったようになっている竹が数本あったのです。手に取ってみると団子のように細かな枝がでていました。一瞬竹の花かと思いましたが、どうも違うようです。

さて、今日、真竹が生えている畑にいきました。今は真竹の筍が伸びてきている時期です。近くに民家があるため迷惑になるところに生える筍は切ろうと思って出かけました。

Take20140607_3 そこで、山歩きの時に見かけたものとよく似た症状の竹がいくつもあることに気がつきました。症状の出た竹の多くは枯れていました。そういう目で見渡すと、枯れている竹が多くあります。真竹が枯れてしまうというのはとても困ることです。もしかしたら、これが噂にきくところのテングス病なのかもしれません。

いったん枯れたとしても、再生してくれたらいいのですが・・・。

|

« 山の古道をいく | トップページ | 憲法の米国押し付け論と解釈変更の強行に思う »

コメント

ボクも見たことあります。

「竹 テングス病」でググってみると、
やはりそうではないかと。

結構はやっているようですね。

対策は、『伐って燃やす』のみ、だとか。

松枯れもそうですが、
人が山に入らなくなったので、
環境が変わったせいで
はやってしまうんですかねえ。

投稿: うさぎさん | 2014/06/16 04:49

うさぎさん。こめんとありがとうございます。
ブログ記事の写真の竹を見つけた時は特になんとも思わなかったのですが、観察すると同じような竹があるのです。
静かに進行しているという印象です。

投稿: 幸雲 | 2014/06/21 08:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/59820604

この記事へのトラックバック一覧です: テングス病か?:

« 山の古道をいく | トップページ | 憲法の米国押し付け論と解釈変更の強行に思う »