« 四つ目編みの花籠、落とし作成 | トップページ | 「思い出のマーニー」をみました。 »

「GODZILLA ゴジラ」をみました。

大人になってから、ゴジラは公開されると毎回見に行っていました。そして、今一つと言いつついつも映画館を後にするのでした。これが年末の恒例行事でした。「とっとこハム太郎」との2本立てになってから行きにくくなりやめましたが・・・。

1作目と比較をすると、平成になってからのゴジラは街を破壊するために巨大化を続け、ゴジラの恐怖はじわじわと迫り来るのとは別のものとなってしまいました。また、昭和ゴジラの後半はヒーロー物のような演出のゴジラもあったわけですが、子供の頃はそれはそれで楽しくみていました。

そんな流れで、前のハリウッド版を見たら、これがまた最悪でゴジラとは名ばかりで「ジュラシックパーク」紛いなのです。それなりに面白くみたのですが、ゴジラとは全くの別物でした。

さて、そんな思いを持ちつつも、今回のハリウッド版のゴジラをみました。渡辺謙もでているしそれなりにいいのではという期待もありました。渡辺謙が演じる芹沢博士の父親が原爆で亡くなったという設定でしたが、そうすると芹沢博士は何歳なんだという疑問が頭からはなれませんでしたが、面白く仕上がっていました。怪獣映画の基本である迫り来る恐怖というゴジラ1作目に近い物を感じました。

また、日本のゴジラ作品では自衛隊が秘密兵器を作ったりと安っぽくなり興ざめなのですが、今回はそんなこともありません。でも、アメリカのパニック映画によくある家族が離ればなれになって、さて無事に乗り切ることができるでしょうか・・・みたいな家族物語になっていて、ある意味、ワンパターンといえるかもしれません。

怪獣の恐怖を感じる演出というのは人間の視点から怪獣を見るというアングルです。ゴジラは映画のほとんどを海を泳ぐときの背鰭やしっぽという体の一部としてしか登場しません。得体の知れない物は恐怖心を高めます。そして怪獣が街をおそうシーンや闘うシーンでは人の視点からの映像が多く使われていました。これは、以前「ガメラ」を見たとき、京都駅ビルをおそったガメラを路地から見上げるというシーンで感じたのですが、人の視点から見上げる巨大な怪獣というはとても恐ろしいものです。

今回はゴジラが人を襲うのではなく宿敵の怪獣が悪役として登場します。最終的にゴジラがこの怪獣を倒して人類は救われてゴジラは海に帰っていきます。1作目のゴジラ以降の正義の味方パターンのゴジラの要素も含まれていると感じました。

しかし、ゴジラは人類の味方というよりは、宿敵を倒すことにのみ関心があり、結果として人類を助けたにすぎないというニュアンスで描かれています。これは怪獣を自然のメタファーとして描いているのだと思います。私はこういう描き方も好きです。英語の表記がGODZILLAとなっており、ゴジラにGOD=神というニュアンスを忍ばせているように想いました。ゴジラ映画はゴジラや悪役の怪獣も含めて人間のコントロールを越える自然などの驚異の隠喩なのかもしれません。

|

« 四つ目編みの花籠、落とし作成 | トップページ | 「思い出のマーニー」をみました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/60236589

この記事へのトラックバック一覧です: 「GODZILLA ゴジラ」をみました。:

« 四つ目編みの花籠、落とし作成 | トップページ | 「思い出のマーニー」をみました。 »