« 謹賀新年2015 | トップページ | 門松2015と床の間の花 »

しめ縄なう(2015年用)

Sime2015_1

2015年用のしめ縄を昨年12月30日に完成させました。

毎年同じものを作りますので、形などについては過去の記事などを参考にしていただければと思いますが、長いものと丸めて作るものの2種類を作ります。両方とも7、5、3と藁を垂らした形で綯います。おそらく、「七五三」と書いて「しめ」と読むということにも関係していると推測しています。

今年も、昨年と同様に長いものが7本、丸めたものを12本作りました。以前は20本ずつ位作っていました。神棚にまつった神様の数、すべての出入り口、車や農機具、自転車に至るまでしめ縄を飾っていました。これは、すべての物が一つ年をとると言うことで祝うために大切な物にしめ縄を飾っていたのだと思います。それから考えると随分と簡略化されています。

とはいえ、今では近所でも自ら、しめ縄を作っている家は数少なくなりました。

Sime2015_2

さて、今年のしめ縄の成功点は案外まっすぐに綯えたことです。綯う力の加減のバランスがとれたからかなと思っています。それから少し変わったところは、稲穂が残った藁があったので、しめ縄から垂らしたようにして作ってみたのがあったこと。そして、門松用にも作ってみたことです。

Sime2015_3

一方反省点です。毎年のしめ縄の課題は長いしめ縄に垂らす藁の部分が綯っているうちにねじれさせず、3箇所とも真下に垂らせるかどうかということです。5本と3本の部分は何とか真下に垂らすコツがわかったような気がしたのですが、7本の部分がどうもゆがんでしまいました。この課題はまた、次回への持ち越しです。

「あれこれとやり残しつつ新年の準備に追われ暮るる年の瀬」幸雲

「新たなる年の幸せ祈りつつ両の手合わせしめ縄をなう」幸雲


過去のしめ縄の記事

|

« 謹賀新年2015 | トップページ | 門松2015と床の間の花 »

コメント

一瞬、「今~にいる/今~している」
という俗語の「なう」かと
思ってしまいました。

どうも乱れた日本語に
毒されてしまっているようです。(^^;)
幸雲さんがそんな言葉遣いするはずが
ありませんものね。


()()
(*^^)>

投稿: うさぎさん | 2015/01/02 06:59

fujiあけましておめでとうございます
毎年のしめ縄作り、その時々で思うことや出来上がりが違ってくるのでしょうね
もの作りは、出来上がるまでの過程で色々な想いが込められるから温かいのかもしれませんbud

いつも素敵なblogを有難うございますnotes
相変わらずな私ですが、今年もよろしくお願い致します
良い年にな~れ(*^_^*)/shine

投稿: tutatyan | 2015/01/02 09:39

うさぎさん、tutatyanさん、コメントありがとうgざいます。

本年もよろしく。

うさぎさん。
実は、その「なう」ともさりげなく掛けてます。
とはいえ、流行語の運命で「なう」も古く感じるようになってきましたね。

tutatyanさん。
本年は、お店にもお伺いしたいと思ってます。当ブログもご愛顧よろしくお願いします。

投稿: 幸雲 | 2015/01/02 12:01

> 実は、その「なう」ともさりげなく掛けてます。

  () ()
Σ(゜◇゜ノ)ノ

投稿: うさぎさん | 2015/01/03 04:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/60907448

この記事へのトラックバック一覧です: しめ縄なう(2015年用):

« 謹賀新年2015 | トップページ | 門松2015と床の間の花 »