« 高野山の名宝展 | トップページ | 映画「ひまわり」を見て »

休日の昼食は他人丼

Don201502221

妻が仕事でいない休日。冷蔵庫に薄切りの冷凍牛肉と玉子、そして玉ネギがありました。牛丼と言うには牛肉が少ないのでそれを補うために玉子をいれた他人丼にすることにしました。(牛肉少なかったので玉ネギ丼になりました。)

めんつゆがあればめんつゆを使うのですが、使いさしのものが無くて、新たに開けるのももったいないので、醤油を使うことにしました。この頃は、塩分を控えるために出汁粉を使わず、鰹節を粉々にしたものをそのまま入れてるのですが、急いでいたので、今回は出汁粉を使いました。

参考にも何もならないでしょうが、レシピ風に紹介します。

他人丼(1~2杯分位)
 分量を書いていますが、もちろん目分量です。

  • 玉ネギ 半分
  • 牛肉薄切り お好み、
  • 出汁粉少々(鰹の風味がするくらい)、
  • 醤油 大さじ2くらい
  • 砂糖大さじ1くらい
  • 玉子1~2個

1 玉ネギを薄く切る。
2 鍋に玉ネギを入れて、ひたひたになるくらいに水を入れる。
(本当は玉ネギを後からいれるのですが、水の分量の目安のため、ここでは先に玉ネギを入れています。)
3 出汁粉と醤油を入れる。味を見ながら入れます。(甘いのが好きな場合は砂糖を大さじ1くらいいれても良い)
4 強火で煮て沸騰してきたら中火にして牛肉を入れます。
5 バラ凍結の冷凍牛肉なら解凍せず手でちょうど良いサイズに割って入れれば、洗い物不要で楽です。
6 玉子を割り、黄身を箸で十時に切るように崩し軽くとく、かき混ぜすぎない。
7 玉ネギがしんなりして、肉に火が通って、肉の出汁が出て良い香りがしてきたら、溶き玉子を流し入れます。
8 なるべく白身部分を先にいれて具の全体に広げる。ある程度固まってきたら、具を黄身で覆うようにしていれ、弱火にしてふたをする。黄身が固まりかけたら火を止める。
9 丼にご飯をよそって適量、かける。

青ネギがあれば、刻み青ネギをのせて完成。

|

« 高野山の名宝展 | トップページ | 映画「ひまわり」を見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/61181375

この記事へのトラックバック一覧です: 休日の昼食は他人丼:

« 高野山の名宝展 | トップページ | 映画「ひまわり」を見て »