« Musee national des arts asiatiques - Gumet | トップページ | 油抜きと竹の栄養の関係の推測 »

本かがり

作っている籠について最近なかなか記事にしていませんでしたが、ちゃんと作っています。

今作っている籠は、私が初めて設計図(と言う名の絵)を描き、作った籠です。その設計図は持ち歩いているうちに、紛失してしまいましたが・・・

本当はもっと最初から書きたかったのですが、ついつい後回しにしているうちに、時期を逸したという感じになってしまいました。

Take20160818

もともと、悩みながら作るので遅々として作業が進まない私ですが、ようやく籠の縁のかがりまでやってきました。

今回挑戦しているのは、本かがり。細い芯竹を縁の上に2本、下に1本沿わせて、それを籐皮でかがっていきます。

本かがりは慣れれば単純なのですが、1回巻いて1mmくらいしか進まないので、直径約30cmの縁を巻くのは、時間がかかり、なかなか進みません。

とはいえ、かがりは好きなのですが、縁が大きいので、皮籐もたくさん必要となるので、苦手な皮籐作りがなかなか辛いです。皮籐を同じ幅と厚さに仕上 げるのが難しくロスが多くて一生懸命作っても使えるのは少しだけの時もあり、何度も材料作りをしなくてはならないのです・・・。これも、練習と自分に言い 聞かせてやっています。

|

« Musee national des arts asiatiques - Gumet | トップページ | 油抜きと竹の栄養の関係の推測 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/64088131

この記事へのトラックバック一覧です: 本かがり:

« Musee national des arts asiatiques - Gumet | トップページ | 油抜きと竹の栄養の関係の推測 »