« 籐こなし | トップページ | 聲の形 »

「シン・ゴジラ」見ました

ゴジラ映画は、完全子供向けゴジラから、ハリウッドのジュラシックパーク風ゴジラ、そして前回の日本のゴジラに近いハリウッド版と、公開すると必ず見てきました。

今回のゴジラは、未知の恐怖が迫り来るという「ゴジラ」本来の姿がリアルでした。そして、初代ゴジラは核兵器のメタファーだったのに対して、シン・ゴジラは明らかに原発事故のメタファーです。

初代ゴジラは、原爆や東京大空襲で実際に東京が破壊される様子を目の当たりにした世代が作ったものです。そういう迫り来る、空襲や原爆の恐怖というものの象徴としてのゴジラであったのだと思います。

一方、シン・ゴジラの方は、まさに、私たちが経験した東日本大震災や大津波、原発事故など未曾有の災害のメタファーなのです。突如襲い来る津波、暴走する原子炉、見えない放射能の恐怖。そんな経験が投影されているのです。あの経験があったからこその作品だと私は思いました。

ゴジラのシーンは今回完全CGだということでした。監督がエヴァンゲリオンの庵野監督ですので、迫力あるシーンの見せ方はとてもうまかったです。

その、怪獣シーンの出来の良さ、リアリティに比べていまいちなのが実際に人間が演じている登場人物のリアリティのなさです。がっかりです。

ゴジラが中心ではなく、この映画の視点は未知の恐怖が現れた時、国はどう対応するかというものです。脚本自体はリアルに描こうとしていてともてもよいのです。政治家がよってああでもないこうでもないというシーンが延々と続くので子供向けには作っていません。ある意味東北の震災時の国の対応のパロディといってもよいのかもしれません。(少しくしつこいようにも思いましたが・・・)

しかし、緊迫感を表すためか、役者のセリフが全体的に平板は棒読みと極端な早口。リアルな超自然の恐怖を感じさせるのに成功しているのに、登場人物のお粗末な学芸会のような演技に映画のうすさを感じさせて失敗しているなと思いました。

特に、日系アメリカ人という設定の女性がアメリカから派遣されてきて、敬語は面倒なのでタメ口でいきましょうと言って話す、ブロークンな日本語の旨さと、一方で英語で話している時に流れる字幕の品のある日本語。とても同一人物だとは思えません。

そして、もう一人、環境省かどこかの役所から派遣されてきた変わり者ということで当除する切れ者の女性。これが最悪。感情がまったく押さえられ表情もなく早口に平板な喋りでまくし立てるのです。実際に危機がそこまで迫ってきているという状況でこんな平板な喋りを冷静にする人がいるとは思えません。おそらく彼女の身内にもゴジラの危機が迫っているのです。あの平板で無感情で早口なセリフまわしにリアリティのかけらもなく興ざめでした。

そして、どうしてゴジラを退治するかということですが、ゴジラのパターンからすると、超科学的な新兵器が登場するところですが、今回は実際にあるものを使って攻撃をしていきます。これがとてもリアリティがあるのです。

何を使うかというと冷却材をポンプ車などの車をつかってゴジラの口へ投入するという作戦なのです。この様子などまるで福島第一原発で原子炉に注水していたのとまるで同じ様子です。

そして最後に主人公がこんな感じのことをいうのです。「我々はもう、ゴジラとつきあっていくしかないのだ」(うろ覚え)と。そして都心の真ん中で朽ち果てたゴジラが立ち尽くし放射能をその体から出し続けているというようなシーンが映し出されるのです。

なかなか社会性とパロディと皮肉と結構詰め込んだ中々面白い映画でしたが、いかんせん、本来リアルであるはずの人間側の演技のまずさが光る、今までとは違うゴジラでした。(とは、いいますが結構面白かったのですよ。)

(2016.8.18)

|

« 籐こなし | トップページ | 聲の形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/64262792

この記事へのトラックバック一覧です: 「シン・ゴジラ」見ました:

« 籐こなし | トップページ | 聲の形 »