« 「君の名は。」見てきました。 | トップページ | 竹の構造とカビの科学的?な工芸的考察 »

タマムシ色

Tamamusi2016

昆虫の中でも、美しいタマムシ。田舎に住む私も、めったに見ない虫です。最後に見たのはいつだったか・・・。子供の頃だったかもしれません。

見る角度で少し色の変わる素敵に輝く緑色の虫は、虫好きだった私にとっては宝石のように貴重な虫でした。実際、生きたタマムシは数えるほどしか見たことがないのです。

「玉虫色」とはどことなくイメージのよくない言葉としてよく登場しますが、どれだけの人が実物の「タマムシ色」を見たことがあるのでしょうか。

もう、身の回りにはいなくなったかもと思っていましたが、先日庭に死骸が落ちていました。まだ、どこかでひっそりと暮らしているようです。なんとなくうれしくなりました。

死んでもタマムシの美しい体の色は変わることがないのです。

|

« 「君の名は。」見てきました。 | トップページ | 竹の構造とカビの科学的?な工芸的考察 »

コメント

幸雲さん、こんばんはnote
昆虫は苦手で怖い私ですが、
タマムシ色はとてもきれいですね。
本物は見たことがないような気がします。
死んでもその色の変わらないタマムシは、
なんだか美しい作品のような感じがしますね。

投稿: hanano | 2016/10/22 18:56

hananoさん。コメントありがとうございます。
生きたタマムシか、もう少し綺麗な写真だったらよかったのですが…(^^;

タマムシ色というとマイナスイメージですが、本当は綺麗な色です。
でも、幼虫は木を食害するので、いわゆる害虫なのですけどね。


投稿: 幸雲 | 2016/10/22 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/64358106

この記事へのトラックバック一覧です: タマムシ色:

« 「君の名は。」見てきました。 | トップページ | 竹の構造とカビの科学的?な工芸的考察 »