« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

しめ縄なう(2017用)

Sime2016_1

もう、すっかり年の暮れになってしまいました。今年はブログを更新するつもりだったけれど、仕事の忙しさに勝てず、定期的にご覧頂いている方には、申し訳なく思っています。書きたかった記事、書きかけの記事など溜まっていますが、まずは年末恒例の記事です。

続きを読む "しめ縄なう(2017用)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹のアトリエ かぐや姫

Kaguya20161216

京都西陣の片隅ある、古い木造家屋(会社かなにかの寮だったらしい)の中に、ガラス細工などのお店などが肩を寄せ合うように同居した小さなアートスペースがあります。その中に、竹製品を扱ったお店が11月26日にオープンしました。

アンティークな棚やテーブルなどの調度品で、落ちつたい雰囲気の中、伝統的な竹かごや竹のバック。そしてアクセサリーが並べられていました。

私が素敵だなと思って、買ったのは、「針山」です。
といっても、これがなかなか、センスがよくてかわいいのです。

続きを読む "竹のアトリエ かぐや姫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

融合する工芸展2016

Yugo20161203_1

大阪高島屋で開催されている「融合する工芸2016 ― 旅に出たヤドカリのはなし」を見てきました。

会期:平成28年11月30日から12月6日
場所:高島屋大阪店6階美術画廊

様々なジャンルの工芸作家が、それぞれの作品を持ち寄り一つの作品を完成させるというコラボレーションによる作品展です。

参加作家はジャンル、年齢、国籍を超えた作家がコラボレーションしています。
 ・笹井史恵 漆芸・乾漆
 ・田辺小竹 竹工芸
 ・若宮隆志 漆芸・蒔絵
 ・満田晴穂 自在置物
 ・小黒アリサ 木彫
 ・加藤亮太郎 陶芸
 ・マニュエラ・ポール=カヴァリエ 金箔造形

Yugo20161203_2

今回の目玉は、廃れて工芸の世界からも消えてしまった自在置物を復活させ、さらに1分の1という原寸大で、昆虫などを作成される満田さん。この方の作る昆虫の精巧さには息を飲むものがあります。この満田さんのヤドカリの”ヤド”をそれぞれの作家が創意工夫して作るというのがメインテーマになっています。
小さい作品なのですが、とても見ごたえがあるものでした。

とても、面白い展覧会でした。 

続きを読む "融合する工芸展2016"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »