« 展覧会に出品する作品で気をつけること | トップページ | 網代編みの小さな籠。本体部分完成 »

網代編みの籠

Photo20170527055429_0854

展覧会に出品しようと思って作っていたのですが、なかなか完成しないので、モチベーションをあげるため、籠をいくつか完成させて行く必要もあるかなと思い、小さい作品を作りたくなりました。

教室の隣で作っておられた網代編みの籠を見ていて、久しぶりに網代の籠もいいなと思い作ることにしました。以前通っていた教室でも同じような籠を作ったことがあるので、記憶を頼りに作り始めました。

ふわっと丸い底からきゅっとつまった形の籠がいいなと思っていたのですが、きっちりと詰めすぎて気がつけば、角に少しツノが立ったような形になって面白味がなくなってしまいました。口を四角にしてもいいかなと思いましたが、それでは、本当に四角い籠になってしまうので、少しでも柔らか味がでるかなと思って、まるい口にしていみました。ところが、小さい籠につける縁を火曲げするのはなかなか難しく、焦がしてしまいました。しかし、一応、円になったところを見ると、火曲げも少しは上達してきたかという感じです。

これくらいの籠なら、ささっと作れたらいいのですが、仕事から帰ってからだったり、家の仕事の合間に作ったりしているので、なかなか完成しません。丁寧さに加えてスピードも必要ですね。

あと、かがりです。飾り玉縁でいこうと考えています。
籐をこなすのが面倒なので、余った材料で作りたいと思っています。

|

« 展覧会に出品する作品で気をつけること | トップページ | 網代編みの小さな籠。本体部分完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/65368890

この記事へのトラックバック一覧です: 網代編みの籠:

« 展覧会に出品する作品で気をつけること | トップページ | 網代編みの小さな籠。本体部分完成 »