カテゴリー「うた日記」の記事

小正月には小豆がゆ

Azukikayu2016

小正月に小豆がゆを食べました。とはいえ、11日の話ですが・・・


続きを読む "小正月には小豆がゆ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門松2016

Hana2016

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

今年も、門松を作って立てています。

真竹の藪に病気が出て、多くが立ち枯れてしまっていて、なかなかいい竹がない状態です。でも、そんな中でも昨年30日に何とか探してきました。

Kadomatu_1

1本を高く、2本少し低めの同じ高さの門松にしようと思っていたのですが、少し寸法を間違えて同じ高さにするには竹が足りなくなってしまいました。

そこで、少しずつ低くなるように高さを調節したものにしました。

今年のは、カットする角度もいい感じにそろっていますのでなかなかよくできたと思っています。甥っ子が作っている様子を見ていて「笑ってる」といって喜んでいました。

竹の節にかけてカットして笑顔に見えるようにして「笑う門には福来る」という縁起担ぎをしています。でも、それを教えていないのに笑っていると見抜いた幼児の感性には驚きます。

Kadomatu2016_2

そして、もう一つは竹筒に松、梅、千両、南天を飾り前に葉牡丹の鉢を置いて飾りました。

本年も皆さまにとってよい歳となりますように・・・。

「初春の来客の声響きおり 笑顔寄り添う門松の竹」幸雲

続きを読む "門松2016"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しめ縄なう(2016用)

Sime2016_3

今年もしめ縄をないました。

今年は仕事が忙しくて、年末に有給休暇を取れなくて年末の年始準備に時間がとれませんでした。しかし、なんとかしめ縄をなうことができました。とはいえ、30日になっても作っていなかったので、父は神棚のしめ縄だけは買ってきたようでした。

Sime2016_2

いつもは長いしめ縄約10本と丸めたしめ縄約10本の合計20本位を作っていましたが、今年は神棚が不要なので長い物を10本、丸めたしめ縄を6本作りました。車などに飾るためのものです。

Sime2016_1やはり、いつも作っているものを作らないというのは、新年を迎えるという感じがしないので、続けていきたいと思います。

「一年のほこり払いてしめ飾り 心清めて除夜の鐘」幸雲

「鏡餅 門松立ててしめ飾り 歳徳神を迎えて新年」幸雲

 

 

続きを読む "しめ縄なう(2016用)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんぐりのコマ

Dongri20151213

甥っ子とよく近所の神社やお寺に散歩に出かけます。昨日もお寺と神社に行き、神社ではドングリ拾いをしました。ドングリといっても大きな丸い実をつける木がないようで、細くて小さいものが多いのです。

落ちてしばらくたった実には虫が入っている可能性もあるので、なるべく表面につやがある実を探すようにいって5つほどいいのを拾いました。

ドングリでどうやって遊ぶと甥っ子にたずねると、「コマがいい」というので、ドングリのコマを作ってあげました。

 

続きを読む "どんぐりのコマ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅酒とシロップ

Ume2015_1

友人から青梅が届きました。箱を開けると甘酸っぱい何ともいえない香りがあたりに広がりました。
友人からのメールでは、多くの若者のボランティアが収穫に駆けつけてくれているそうで、賑やかな梅園の様子が目に浮かびます。

私の家にも、梅園があります。子供の頃に父が植えるのを手伝いました。しかし、放置梅林となってしまいました。先日、久しぶりに草刈りに行きました。あわよくば梅を取ってこようと思っていました。しかし、数日遅くほとんど、木から落ちてしまっていました。

Ume2015_2

そんな折に、届いた梅です。
届いた時には青かった梅も黄色く熟し始めていました。
今日、梅酒と梅シロップにするため漬けました。毎年梅酒をつけるので3年分ほどたまってしまいました。この夏は毎日飲んで元気に過ごそうと思っています。

「賑やかな梅園の日々夢に見て 梅は漂う酒瓶の中」幸雲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢枕

今朝、微睡みの中で夢を見ました。

長い紐でつないだ愛犬の相手をしています。愛犬は喜んではしゃぎ、私の手に鼻を近づけ匂いを嗅ぎ、鼻息がかかり時折湿った鼻先が私の手のひらに当たりました。

私は頭や背中を撫でると、少し埃っぽくてつややかななめらかな感触がしました。愛犬は喜んで傍らの紫陽花の植え込みをかき分けるように進み、建物の角を回ったのですが、紐の長さがいっぱいになったので、また戻って来ました。

私は妻に「前は紐を解いて自由に離してやったのに、最近は離してやらなくなったのはなんでかな」と話しかけ「そうだ、逃げ出してから紐を解くのをやめたのだ」ということを思い出しました。

そして、久しぶりに離してやってもいいかなと思うのです。力が有り余ってはしゃいでいる犬をみて「あれ?そういえば、最近散歩も全然行っていないではないか」思い、なぜ行っていないのかを考えました。そして、気づくのです。

「そうだ。愛犬は死んでしまって、今はいないのだ」

「3月の別れ」 (過去の記事)

続きを読む "夢枕"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京旅行うた日記

昨年末に東京に行ってきました。義弟夫婦が東京に引っ越して数年。一度遊びに行くと言いつついけないままでしたので、妻と義母の3人で出かけました。

続きを読む "東京旅行うた日記 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年初めての筍!

Takenoko20150201

竹藪では春に向けて、夏に切り倒した不要な竹などを燃やすなどの作業をしています。肥料はやった後ですので、順次土入れを行います。

土入れの土は竹藪の一部を取り崩していきます。以前は手作業で土を崩していましたが、最近はパワーショベルを使っています。とはいえ、我が家のは小型で土を崩すほどの力がないので、2年に1度、人に頼んで大量に崩してもらっています。

今日はちょうど、土を崩す作業を頼んでおいた人が来て下さっていました。竹の根が出てきたら引っ張る程度の補助作業しかないというので、私は竹藪の仕事を休んでいました。

昼に父が袋に筍を沢山いれて持って帰ってきました。土を崩す作業の時に出てきた竹の根についていたのだと言います。今日も、雪がちらつく寒い一日でしたが、土の中ではもうすっかり春に向けての準備が始まっています。こんなに沢山の筍がついているのなら、もしかしたら今年は豊作なのかもしれません。

「目に見える物しか人は知らねども 密かに竹は春を予感す」幸雲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホットチョコレート

Hotchoco20141214

昨年末の話ですが、冷蔵庫の中に古い板チョコが眠っているのを発見しました。もう賞味期限が切れて1年以上経っていました。見た目には異常もありません。ひとかけら食べてみましたが普通の板チョコです。

寒い日だったので何か温かい飲み物が欲しいなと思っていたところだったので、ココアを作ることにしました。

子供の頃、ココアにはあこがれがありました。甘くて温かくて・・・特別な飲み物でした。ココアの粉がいつも家に有るわけではありません。もしかしたら珍しい物だったのかもしれません。しかし、母は板チョコがあればココアを作ってくれました。チョコレートのかけらがごろごろしており、どうも偽物っぽいと子供心に思っていました。

でも、結局ココアもチョコレートも同じカカオから作る物です。最近では喫茶店でホットチョコレートとメニューに有る場合もありますが、結局同じようなものです。板チョコから作るのでホットチョコレートというのが適しているかもしれません。

ということで、ホットチョコレートを作りました。

古い板チョコでしたが寒い日のひととき、ゆったりした時間を過ごすことができました。

「甘き香の真白き湯気を眺めつつホットチョコレート 心温か」幸雲

私のレシピを残しておきます。

続きを読む "ホットチョコレート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小正月の小豆がゆとぜんざい

小正月の15日には小豆がゆを食べます。とはいえ、15日の成人の日が動くようになってからは小正月の行事も影が薄くなってきたように感じます。

とはいえ、我が家では小豆がゆを食べます。でも、成人式が動くので小正月の小豆がゆも動くようになってしまいました。

昨年か一昨年か・・・妻が生協でぜんざいをするために缶詰の煮た小豆を頼んだつもりが生の小豆が来てしまって、そのままに棚の奥で眠っていました。

そろそろ使わなくてはいけないなと気になっていました。妻も忙しいので私がこの小豆を炊くことにしました。

せっかくなので、調理方法を書いておきます。

続きを読む "小正月の小豆がゆとぜんざい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧